TOPICS

結婚式で配るプチギフトを選ぼう!縁起物の種類とその由来

結婚式の準備で意外と苦労するのが、ゲストに贈るプチギフト選びです。式へ向けての準備で忙しいかもしれませんが、大切な方への感謝を伝える贈り物には、妥協したくないですよね。プチギフトとは、披露宴のお見送りでゲストにお渡しする、贈り物のことです。こちらでは、プチギフトとして配る縁起物についてご紹介します。

プチギフトとはどんなもの?

プチギフトは、披露宴のお見送りなどのタイミングに、感謝の言葉と共に手渡しする贈り物のことです。200~500円位が平均予算で、ちょっとしたプレゼントとして贈られます。結婚式用のプチギフトは、バリエーションがとても豊かです。引き出物や引き菓子と共に、お2人の雰囲気に合うものを選びましょう。

プチギフトは、披露宴のお見送りの他にも、二次会や会費制の披露宴の贈り物としても使われます。会費制のウェディングパーティーでは、引き出物の代わりに1,000~1,500円程度のプチギフトを用意するカップルも多くいます。カトラリーなど、カジュアルに使える日用品が人気です。ゲストに喜ばれる贈り物を探してみてください。

最近ではこんなプチギフトが流行っている!

プチギフトの意味や縁起物のルーツを知ったところで、今流行のプチギフト10選をご紹介します。

  1. シルバースプーン
  2. 鯛型の揚げ饅頭
  3. ミニラスク
  4. マカロンソープ
  5. スワロフスキーのロイヤルペン
  6. ドリップコーヒー
  7. 鯛焼き型キャンディー
  8. 耳かき
  9. ミニもち米
  10. タオル

プチギフトを取り扱うインターネットショップでは、ご紹介した他にも人気商品が数多く並んでいます。もしも自分だったらどんなギフトが欲しいかを想像して、もらった方に喜ばれるプチギフト選びをしましょう。

プチギフトと引き出物・引き菓子の違いについて

プチギフトと結婚式の贈り物の違いについてご紹介します。

  • 引き出物

引き出物とは、披露宴のゲストの方に贈るメインのギフトを指します。結婚式の思い出を形に残す贈り物です。結婚式では、2という数字は別れを連想させるため、縁起が悪いとされています。そのため、引き出物・引き菓子・縁起物を組み合わせて、3品目を送るのが一般的です。昨今では、地域によっては2品目で用意するケースも増えています。

引き出物の平均予算は、1人3,000~5,000円です。引き菓子や縁起物の食品等をセットにして、およそ5,000~10,000円になります。予算は地方による違いもあるため、あくまで目安の金額とお考えください。

  • 引き菓子

引き菓子とは、引き出物に添えるお菓子のことです。ゲストやその御家族に「式を思い出しながら味わってください」という思いを込めて贈ります。予算は1,000~1,500円位のお菓子が人気です。受け取ってからしばらく食べられないこともあるため、日持ちするクッキーやバームクーヘンなどの焼き菓子を選ぶ方が多くなっています。洋菓子に限らず、紅白饅頭や寿の焼き印を押したどら焼きなど、和菓子を用意する方もいます。

縁起物の種類と由来について

ここでは、結婚式での縁起物の種類とその由来をご紹介します。

  • かつお節

かつお節は「勝男武士」と表現され、武士への報奨品として用いられていた時代がありました。その名残から、縁起物として現在も結婚式で良く登場する一品です。雄節と雌節の両方が使われることから、夫婦円満の象徴とも言われます。

  • 昆布

昆布は「よろこんぶ=喜ぶ」として、慶事と相性の良い食べ物として知られています。おせち料理にも使われる定番の食材ですが、特に年配の方や親族ウケが良い縁起物と言えます。

  • うどん

うどんは「夫婦の絆とゲストとの絆が太く、そして長くありますように」という意味が込められています。お祝いの席用に紅白うどんのギフトもあり、喜ばれる贈り物です。最近はうどんの代わりにカラフルなパスタを選ぶカップルも増えています。

  • バームクーヘン

結婚式以外の贈り物としても人気を集めるバームクーヘンは、木の年輪をイメージしているお菓子です。何層にも重なったバームクーヘンの生地は、長寿と繁栄の象徴と言われます。これから一緒に長い時を過ごす夫婦を思わせるような贈り物です。

  • スプーン

スプーンは「幸せを掬う」として、縁起の良いアイテムとして捉えられています。結婚式だけでなく、「食べ物に困らないように」「シルバーが魔除けのお守りになる」として、出産祝いでもよく使われます。

  • 金平糖

カラフルでかわいらしい金平糖は、完成までに手間暇をかけて作られるお菓子です。「じっくりと時間をかけて家庭を築き上げる」という意味が込められ、皇室の結婚式でも利用される縁起物となっています。

  • お赤飯

お祝いの席で良く使われるお赤飯には、赤い小豆やささげが使われます。赤い色には、昔から魔除けの力があると信じられてきました。赤飯は古くからお祝い事の席に欠かせない食べ物です。

鯛は古来より神様への献魚として使われた歴史があり、「おめでたい」としてお祝いの席に不可欠な食材です。あまり知られていないかもしれませんが、鯛は大変長寿な魚です。

  • 梅(梅干し)

日本で「松・竹・梅」が祝い事に良く登場する理由は、松は夫婦愛を、竹は成長を、梅は豊かな生活を象徴しているためです。厳しい冬を耐えて春にたくさんの花が咲く梅は、喜びの象徴と言われます。

箸は食べ物を口に運ぶ道具のため「食べ物に困らない」とされ、健康や長寿を連想させる縁起物です。いくつ持っていても困らないため、贈り物にも適しています。

  • おしどり

「おしどり夫婦」と表現されるように、おしどりは仲の良い夫妻の象徴として知られています。ギフトのデザインなどに、おしどりを利用してみてはいかがでしょうか。

  • ドラジェ

ドラジェとは、アーモンドを砂糖やチョコレートでコーティングした洋菓子のことです。1粒目は健康、2粒目は富、3粒目は永い生涯、4粒目は繁栄、5粒目は幸運という意味があります。ヨーロッパには、幸せを願って5粒のドラジェを贈る風習があります。

覚えておきたい結婚式の贈り物のタブー

最後に、結婚式の贈り物にタブーとされるものをお伝えします。ゲストに失礼がないように、適切な贈り物を選ぶように気をつけておきましょう。

  • 刃物

ハサミや包丁をはじめとした刃物は、縁を切ることを連想するため、お祝いの席にはタブーです。

  • 緑茶

弔事で使われることが多い日本茶は、慶事では使いません。紅茶やコーヒーを選ぶようにしましょう。特に紅茶は、「幸茶」と表せるため縁起が良いとされています。

  • 割れやすい食器

陶器やガラスの食器は「割れる」というイメージから、お祝いの席では避けた方が良いと言われてきました。最近はあまり気にしない傾向にありますが、念のため避けておくと無難です。

櫛(クシ)は「苦」や「死」を連想させる言葉として、お祝い事の贈り物としては相応しくありません。

  • ハンカチ

ハンカチは漢字で「手巾」と書き、この字が「てぎれ」と読めることから、縁起が悪いとされています。プチギフトとして用意するなら、ハンカチではなくミニタオルにしておくのが無難でしょう。

おわりに

今回は結婚式のプチギフト選びのための、縁起物の種類とその由来をご紹介しました。何気なく贈られるプチギフトにも、一つひとつにきちんと意味があります。プチギフトを取り扱うショップでは、これらの意味を踏まえた豊富なアイディア商品が並んでいます。さまざまな縁起物の由来をもとに、プチギフトを選ぶのも1つの方法です。ぜひ、ゲストから喜ばれる素敵なギフトを吟味してみてください。