TOPICS

結納とは?内容から当日の進行までの段取りをご紹介!

結納とは、新郎新婦が正式に“結婚することを約束する”儀式のことです。約1400年前から続けられている日本の伝統的な儀礼のひとつで、結婚式まで続く一連の「婚礼」の始まりとされています。こちらでは、結納の段取りや内容、お店の選び方などをご紹介します。古き良き日本の伝統を感じられるのが結納の良いところです。顔合わせ食事会と比べると準備に手間がかかるかもしれませんが、お2人の素敵な思い出になります。

結納を行うベストなタイミング

結納は男性側(婿養子の場合は女性側)が主体となって進行していきます。挙式の3~6カ月前の吉日を選び、両家で予定を調整して日取りを決めましょう。六輝を気にしない方でも仏滅を避ける傾向は残っており、基本的に大安や友引が好まれます。可能であれば午前中から結納を開始し、その後は両家でお食事をいただく流れが基本です。

当日までの段取り

日時が決まったら会場や仲人の有無を決め、結納のスタイルを明確にしましょう。次に、結納品・婚約記念品・家族書きなど儀式に必要なアイテムを取り揃えます。結納金と結納返しの金額を相談しておくとともに、会場費用を誰がどれくらい負担するのかを明白にしてから当日を迎えるとスムーズです。

地域によって差が出る結納品

結納品とは、結納をするにあたり両家で交換をしたり、あるいは男性の実家から女性の実家に贈られたりする、お祝い記念品のことです。品目や数は地域や家によってさまざまですから、両家で食い違いがないように事前に相談しておくと良いでしょう。デパートやホテル、結納の専門店などで相談しながら揃えると安心です。

  • 関東式

両家とも全部まとめて白木台にのせます。目録(もくろく)・長熨斗(ながのし)・金包包(きんぽうづつみ)・勝男武士(かつおぶし)・寿留女(するめ)・子生婦(こんぶ)・友白髪(ともしらが)・末広(すえひろ)・家内喜多留(やなぎだる)など9品目が正式ですが、7品や5品など簡略化も可能です。

  • 関西式

結納品を用意するのは男性側のみとなります。結納品の品目が多いのが特徴で、関東式のセットにさらに婚約指輪や高砂人形が加わり、中には全部で21品そろえる地域もあるようです。関東式に比べて華やかであるという特徴があります。

会場となるお店の選び方

略式結納の場合、ホテル・料亭・式場などを会場として選ぶのが一般的です。両家どちらかの家で行う場合もありますが、なるべくどちらか一方に負担が偏らないよう、場所や費用を考慮しておきましょう。式場によっては挙式のみではなく、結納・ご両家顔合わせ・前撮り撮影など、結婚式に向けての準備をすべてサポートしてくれるプランもあります。プロにトータルプロデュースしてもらった方が安心できる、忙しくて自分たちだけで準備を進められない、という場合は問い合わせてみましょう。

結納にふさわしい服装

結納では、セミフォーマル以上の服装で参加しましょう。両家の装いの格をそろえるために、前もって打ち合わせしておくのがおすすめです。

  • 女性……女性の和装の中には、結婚後に着られなくなる「振り袖」があります。結婚前に振り袖で結納に足を運んでみてはいかがでしょうか。他にも訪問着や、洋装のワンピースなどが選べます。その場が華やかになる装いを心がけましょう。
  • 男性……ブラックスーツが基本です。ネクタイは礼装用の白かシルバーグレーを合わせましょう。女性が和装なら羽織袴やモーニングを選んでも素敵です。
  • 母親……女性本人と格を合わせることを一番に考えます。女性本人が振袖なら黒留袖でもよいですが、訪問着の場合は色留袖や訪問着を選びましょう。ワンピースやスーツでも構いません。
  • 父親……男性本人と格を合わせたスーツを選びます。ブラックスーツかダークスーツに、白いワイシャツ、ネクタイは白かシルバーグレーを合わせましょう。

結納当日の流れ、進め方

会場に到着したらまず、床の間やその前に結納品を飾ります。地域の習慣によって異なりますが、向かって右側に男性側、左側に女性側の結納品を飾るのが一般的です。飾り終えたらいったん外に出て、男性側が先に、次いで女性側が入室し、参加者全員がそろったところで結納の儀式を始めます。儀式が終わるまでは、挨拶や口上以外はあまり口にしないように注意しましょう。

  • はじまりの挨拶

仲人がいなければ、進行役は男性側の父親になります(母親でも可)。挨拶の口上が終わり次第、一同で深く一礼します。

  • 結納品を渡す

男性側の母親が、台に結納品と家族書きを載せ、女性の本人の前まで運びます。礼をして席に戻り、男性側の父親が口上を述べ、深く一礼します。なお、結納品を男性の本人が運んで、自ら口上を述べるパターンもあります。

  • 結納返しを渡す

関東式の場合、女性側の母親が男性の本人の前に結納返しを運びます。女性側の父親が口上を述べ、深く一礼します。

  • 婚約指輪の披露

婚約指輪など、婚約記念品があれば儀式後に交換します。事前に男性から女性に贈っているならお披露目するだけでも大丈夫です。

  • 締めの挨拶

男性側の父親が、結納が無事終わったことを宣言する結びの口上を述べ、続いて女性側の父親が返礼の口上を述べます。一同で丁寧にあいさつをして、結納の儀式は終了となります。

  • 記念撮影・食事・歓談

結納後は、きちんとした正装姿で撮影できる貴重な機会なので記念撮影をしておきましょう。お酒が入ると顔が赤くなってしまうこともあるので、祝宴の前に済ませておくのがおすすめです。祝宴は2~3時間、リラックスしたムードで、楽しみながら両家の親睦を深めましょう。

おわりに

近年注目されている「和婚」にこだわるなら、結納もしっかり行っておきたいですよね。日本の伝統儀式である結納を厳かに行うことで、より結婚までのムードが高まります。一生に一度の結婚へ向けて一歩進むために、また両家の絆を深めるためにも、結納を行ってみてはいかがでしょうか。