TOPICS

ナシ婚でも結婚を形に残すには?最新結婚スタイルのメリット&デメリット

ナシ婚とは、結婚式を挙げずに入籍だけで済ませる結婚スタイルの1つです。ナシ婚が増えている背景には、さまざまな理由があります。今回は、ナシ婚のメリットとデメリットをご紹介しながら、写真やムービーによってふたりの結婚を形に残すアイデアについてお伝えします。

ナシ婚のメリット5つ

まずはナシ婚のメリットをご紹介します。

  • 新居やハネムーンのためにお金をかけられる
  • 式の準備の手間がないため時間を有意義に使える
  • 結婚相手と式にまつわる衝突が起こらない
  • 身の回りの方に負担がかからない
  • 授かり婚でも新婦の体に負担がかからない

お互いの考えが一致すれば、ナシ婚という選択には多くのメリットがあります。授かり婚などの事情によって、あえて結婚式を挙げないカップルも少なくありません。結婚のスタイルに多様性が生まれている今、ナシ婚は立派な選択肢の1つとなりつつあるのです。

また、ナシ婚ではご祝儀などの負担がなくなりますから、身の回りの方にとっても負担が少なくなります。友人へのご祝儀は30,000円が相場ですから、結婚式が重なったときにはどうしても出費がかさんでしまうでしょう。結婚式をしないことを寂しく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ナシ婚にはナシ婚のメリットがあると言えます。

ナシ婚のデメリット5つ

続いて、ナシ婚のデメリットをご紹介します。

  • 式を楽しみにしていた親や親戚が物足りなさを感じてしまう
  • 婚姻届を提出するだけで結婚の実感が湧きにくい
  • 結婚相手を親族や同僚に紹介する機会がない
  • 結婚の思い出として残るイベントがない
  • 一生に一度の婚礼衣装を着る機会がなくなる

結婚式を挙げるか挙げないかは、ふたりの自由です。とはいえ、大きなイベントである結婚式への出席を楽しみにしている両親や親戚は、少なくありません。ナシ婚を選択することで、家族に物足りなさを感じさせてしまうこともあるようです。

また、ナシ婚によって結婚相手を身の回りの方へ紹介する機会が失われるのも、デメリットの1つです。お披露目のために食事会を開催するにしても、参加者の都合を考えなければなりませんし、それなりに費用もかかります。「結果として結婚式を挙げてしまった方が楽だった」という意見を持つカップルもいるようです。

もしも親御さんや親戚が結婚式を挙げることを強く望んでいる場合は、家族を含めた話し合いの場を用意することをおすすめします。あるいは、結婚の前撮りフォトやムービーを利用して、ナシ婚でも結婚の思い出を残すという方法もあります。

おふたりの結婚を記念に残そう

役所に婚姻届を提出するだけでは、なかなか結婚したという実感が湧かないもの。そんなナシ婚を記念に残す方法として、イベント感覚で楽しめる「前撮りフォト」や「ムービー」を撮影するアイデアが注目を集めています。

自分たちで撮影や編集を担当するのが難しい場合には、プロにお任せするのがおすすめです。ウェディングドレスや和風の婚礼衣装を身につけたおふたりの姿を、素敵な写真や映像に収めましょう。写真やアルバムといった形に残すことで、自分たちも身の回りの方たちも、結婚の実感が湧きやすくなります。

プロのテクニックが光る「前撮りフォト」

ナシ婚を選ぶカップルにおすすめしたいのが、前撮りフォトです。憧れのウェディングドレスや和装に身を包み、おふたりの門出を形に残しましょう。前撮りフォトは、「結婚式はしないけれども婚礼衣装は身につけてみたい」という方にとって、非常にメリットがあるアイデアだと言えます。洋装と和装のどちらか、あるいは両方を選択できるので、子どもの婚礼衣装姿をひと目見たいという親御さんや親戚の方にも、納得していただけるかもしれません。

前撮りフォトでは、スタジオや屋外で記念写真を撮ります。プロによる本格的な撮影となるため、納得の仕上がりを期待できます。撮影したデータはアルバムに仕上げて、親御さんや親戚にプレゼントしても良いでしょう。また、結婚報告のハガキや年賀状に前撮りフォトのデータを使えば、結婚のご報告ができます。

躍動感が楽しい「ムービー」

おふたりらしさをより躍動感のある形で残したいなら、結婚のムービー撮影をおすすめします。写真には写真ならではの良さがありますが、ムービーではおふたりの動きや声を収められるのが特徴です。プロによるムービー撮影は、一般的なホームビデオとは異なり、一眼ムービーによる撮影となります。撮影当日は非日常な気分を楽しめるだけでなく、ふたりの世界観をムービーでより豊かに表現できるのが魅力です。プロによるクオリティの高いムービーで、より楽しく結婚を形に残してみてはいかがでしょうか。

おわりに

ナシ婚という結婚スタイルは、決して珍しいものではありません。メリットもデメリットもありますが、前撮りフォトやムービーで思い出を記念に残せば、デメリットを解消できるかもしれません。おふたりでナシ婚を選択する際には、ぜひ今回ご紹介したアイデアを取り入れて、一生に一度の結婚を形に残してみてはいかがでしょうか?