TOPICS

花嫁さんに似合うブライダルメイクを見つける方法

結婚式でドレスや髪型に並んで大切なのがメイクです。結婚式用のメイクは豪華なドレスに圧倒されないように、少し派手だと感じるくらいが丁度良くなります。セルフでメイクを行う場合には、普段のお化粧との違いに気をつけましょう。このページではブライダルメイクをする際の注意点や、自分に似合うメイクの選び方について解説します。

ブライダルメイクって何?

ブライダルメイクとは、結婚式用の華やかなメイクのことを指します。ウエディングドレスは普段の洋服よりも、大変ボリューミーで豪華な衣装です。そのため、いつも通りのメイクだとお顔がぼやけたような印象になってしまいます。

ウエディングドレスを着るときは、メイクを普段よりも濃くしてみましょう。ただし、けばけばしいメイクになってしまうと、ウエディングドレスの清楚な印象が崩れてしまいます。華やかでかつナチュラルに見えることを意識して、メイクを選んでみてください。

具体的には、アイラインを濃く引いたり、まつ毛を長めにしたりといった工夫をします。中でももっとも重要になるのがベースメイクです。くすみやシミといった気になる部分をしっかり隠しながらも、厚塗り感がない自然な肌に仕上げるのが理想です。ナチュラルで透明感のあるお肌は、花嫁さんをより一層綺麗に見せてくれます。

ブライダルメイクを自分でする方法

ブライダルメイクはプロにやってもらう方が多いですが、中には自分でする方もいます。自分でメイクをすれば、かなり細かいところまで希望通りのメイクに仕上げられます。

セルフでブライダルメイクをするポイントは、普段よりもかなり濃い目にメイクすることです。華やかなドレスに押されないためには、華美にお化粧するくらいが丁度良いと言えます。ただし、全てのパーツを濃くメイクするのではなく、目立たせたいポイントのみを強調し他の部分はナチュラルに仕上げると、柔らかい印象を作れます。

結婚式は長時間になるため、メイクを崩れにくくするための工夫も必要です。化粧下地には、長持ちしやすいブライダルメイク用のファンデーションを使うと安心できます。また、式中に泣いてもメイクが落ちないように、ウォータープルーフの化粧品を使いましょう。

さらに、結婚式の前に体調を整えておくと、化粧ノリが良く綺麗な仕上がりにできます。花嫁さんにとっては慌ただしい時期ですが、お肌の健康には気を使ってください。お肌の調子が悪いと、上手にお化粧できてもくすんだような印象になってしまいます。

セルフでブライダルメイクを行う場合は、初めてのため勝手がわからず、お顔が薄くなってしまったり、ドレスに合わないお化粧をしてしまったりすることがあります。本番で後悔しないためにも、必ずリハーサルで雰囲気を確認しておきましょう。

自分に合ったメイクの探し方

自分に似合ったメイクを探すときは、パーソナルカラーから考えるのがおすすめです。パーソナルカラーとは、持って生まれた髪や肌の色をもっとも良く見せてくれる色のことを指します。パーソナルカラーをお化粧に取り入れることで、よりつややかで若々しい印象を作れます。専門家に診断してもらうと確実ですが、個人でも大まかに調べることができます。

パーソナルカラーには「ブルーベース」と「イエローベース」があります。ブルーベースの方は、青みがかった白い肌をしていて、髪色は黒に近くなります。日焼けしても肌色が黒くならず、赤くなるのがこのタイプです。また、手首に太陽の光を当てると血管が青っぽく見えるという特徴もあります。

ブルーベースの方には、ローズピンク・チェリーピンク・マゼンタ・ボルドーといった色がよく似合います。ブライダルメイクでは、これらの色のリップやチークを使ってみてください。また、寒色が似合うため、アイシャドーに青やパープルを使うのもおすすめです。下地にはピンクオークル系のファンデーションを使うと、血色が良く見えます。

イエローベースは黄色みのある肌が特徴です。髪の色は少し茶色がかっています。日焼けしたときお肌が小麦色になる方は、イエローベースの可能性があります。イエローベースの方の手首の血管は、緑色に見えます。

イエローベースの方に似合うのは、朱色・トマトレッド・オレンジ・コーラルピンク・サーモンピンクといった色です。アイメイクにはブラウン・ベージュ・グリーンが合います。下地はベージュオークル系を使いましょう。

自分に似合う色を使うことで、ブライダルメイクが一層引き立ちます。結婚式の前に、ぜひ自分はブルーベースなのかイエローベースなのかを調べてみてください。

おわりに

ブライダルメイクは、普段より気持ち派手にするのがおすすめです。メイクが薄いと華やかなウエディングドレスに押されて、お顔がぼやけた印象になってしまいます。また、花嫁さんが写真に写るときや、遠くに座っているゲストから見られるときも、濃いメイクの方がよく映えます。普段からナチュラルメイクの方はやや抵抗があるかもしれませんが、結婚式ではぜひ、いつもより華やかなメイクに挑戦してみてください。