048-648-9039
menu
2018/06/30

困ったときの最新ウエディングソング選び(前半)

いざ結婚式を挙げるとなるとたくさんの準備が待っています。招待状リスト、席次表、引き出物選び、ドレス選びなど。その中でも特に悩みがちで時間のかかる準備と言えば、BGM選びがあります。

早めに準備を始めるカップルも多いと思いますが、意外に最後まで悩んでしまうなんてことよくあるようです。

今回はそんなウエディングソングを取り上げてみました。BGM選びに少しでも参考にしていただければうれしいです。

 

INDEX

  1. 新郎新婦入場
  2. プロフィ-ル紹介
  3. 乾杯
  4. ケ-キ入刀
  5. お色直し中座(新婦編)

お色直し中座(新郎編)

  1. プロフィ-ルビデオ
  2. 終わりに

 

 

  1. 新郎新婦入場

POINT

ウエディングパ-ティ-の始まりの最も重要なシーンです。この曲がこれから始まるウエディングパ-ティ-を印象づけると言っても過言ではありません。入場扉が開くタイミングに合わせやすいテンポのよい曲やサビのメロディ-がはっきりしている曲などインパクトのある曲をチョイスするとこれから始まるパ-ティ―を期待させるでしょう。

 

MICHEAL JACKSON “Hold My Hand”

(結婚式の始まりにふさわしいテンポいい曲です。大人かっこいい雰囲気のBGMでパ-ティ-を盛り上げては?)

CELINE DION “To Love You More”

(ウエディングソングでは定番の曲。サビのダイナミックなメロディ-で印象に残る入場シ-ンになるでしょう。)

Q;indivi Starring Rin Oikawa  “いつか王子様が Someday My Prince Will come

(ウエディングソングで揺るがない人気の曲です。可愛いアップテンポなメロディ―で会場内を幸せいっぱいにしましょう!)

Q;indivi Starring Rin Oikawa  Still Dreaming

(この曲も人気の曲。おしゃれかわいい雰囲気が好きなお二人にはぴったりです。)

BENI “永遠”

(しっとりラブバラ-ドで入場はいかがでしょうか。感動的な入場シ-ンになるでしょう。)

安室奈美恵 “CAN YOU CELEBRATE

(ウエディングソングでは定番中の定番曲。ただし、インパクト間違いなし!

懐かしいメロディ-でゲストと盛りあがれるでしょう。)

 

 

2.プロフィール紹介

POINT

お二人のプロフィ-ル紹介に邪魔にならないようにあくまでもメロディ-重視で選びましょう。ゲストが聞いていて自然に耳に入る心地よい曲調やヒーリング効果のある曲などがお薦めです。

 

S.E.N.S “風のように”

(大自然の中にいるような壮大なメロディ-でプロフィ-ル紹介も一段と記憶に残るでしょう。)

S.E.N.S “レクイエム”

(誰もが耳にしたことのある感動的なBGMです。印象に残るメロディ-です。)

セナのピアノ “Close To You

(当時ドラマを見ていた世代には懐かしいこの曲。いつ聞いてもいい曲ですね。)

アンドレ・ギャニオン “めぐり逢い”

(感動的で印象深いメロディ-がゲストの耳に残るでしょう。MCに合わせて演出効果大です。)

ケビン・カ-ン “サイレンス・オブ・ノ-イング”

(心地よいBGMでプロフィ-ル紹介に花を添えてくれるでしょう。)

久石譲 “Summer”

(耳にすぅ-と入る心地よいBGMで、映像とマッチするでしょう。)

 

 

 

3.乾杯

POINT

これから幸せで楽しいパ-ティ-が始まるのを予感させるようなテンポの良い明るめの曲がいいでしょう。『乾杯!』の発声に合わせてミュ-ジックスタ-ト♪ノリノリにしてくれる曲を選ぶと会場の雰囲気が一気に盛り上がるでしょう。

 

One Direction “What Makes You Beautiful”

(会場がノリノリになること間違いなし!踊りだしちゃいそう!)

Stevie Hoang “LaLaLa Love Song”

(有名な曲ですよね。かんぱい~!の掛け声直後にとってもマッチします!)

小野 リサ “ム-ンライト・セレナ-デ” 

(ム-ディ-で大人の雰囲気に会場がなります。ナイトウエディングにもぴったりです。)

Maroon5 “Sugar”

(タイトルの通りメロディ-がちょっぴりスィートで会場が甘い雰囲気になるでしょう!)

Myra “Miracles Happen”

(イントロからハッピ-に溢れているとてもキュ-トな曲です!誰もが踊りたくなっちゃう!映画のテ-マソングにも使われています。)

 

 

 

4.ケ-キ入刀

POINT

パ-ティ-の最大のイベントのシ-ン。ゲストもお二人の周りで写真に

おさめたいところです。ロマンティックな曲で感動的なシ-ンや軽快なリズミカルな曲で楽しい雰囲気を作ってもいいでしょう。かわいらしい曲であま~い幸せな雰囲気を出してもいいでしょう!

 

斎藤 和義 “歩いて帰ろう”

(『ポンキッキーズ』で使用された大人も子供も知っているポップな曲で会場を幸せで明るい雰囲気にしてくれるでしょう!)

SunSet Swish “I Love You

(ゼクシ―のCMで使用されたおなじみの曲。ケーキ入刀のシ-ンではこれを流せば間違いなし!)

AI “Happiness

(誰もが聞いたことのあるこの曲で会場中のみんなと盛り上がれそう!サビから音楽スタ-ト!)

ナオトインティライミ “恋する季節”

(さわやかなこの曲で一層ゲストを盛り上げることでしょう!なんだか幸せな気分にさせてくれます!)

One Direction “Live While We’re Young”

(ケーキ入刀のシ-ンをノリノリにしてくれる曲です!思わずゲストも二人のところへ乗り出しできそう!)

 

5.お色直し中座

POINT

エスコ-トしてくれる人によってさまざまな曲を選んでもいいでしょう。軽快なテンポいい曲で明るく楽しい雰囲気や感動的なシ-ンにしたければ、お二人の想いでソングを使ってもいいでしょう。歌詞が響くものを選ぶとより効果大です。

新婦編

絢香 “ありがとうの輪”

(お色直しのエスコートは誰としますか?その方へダイレクトに感謝の気持ちが伝わる一曲です。)

Crystal Cay “Love Road”

(クリスタルケイの迫力のある声で会場が一気に感動的な雰囲気になることでしょう。愛、感謝、たくさんの想いが詰まっている曲です!)

西野カナ“Dear Bride

(まさにウエディングのために作られた曲。大切な友人にエスコートされながらこの曲でまっすぐに想いを伝えてみてはいかがでしょう。)

back number “花束“

(心地よいBGMで中座のシ-ンを感動的にしてくれるでしょう。)

 

新郎編

秦 基博 “キミ メグル ボク”

(爽快感抜群で一気に会場を盛り上げてくれそうな曲です。大切な仲間たちと賑やかに中座してはいかがでしょう!)

Back number “ハッピ-エンド“

(しっとりしたラブバラ-ドで感動的な中座シ-ンになりそう!)

Bruno Mars Just The Way You Are

(さわやかなメロディ-な爽快なラブソングです。なかなか恥ずかしくて言葉できないことも英語で表現してはいかがでしょう! “きみは最高だから、そのままのきみで♪”)

星野 源“Sun

(歌詞が自然と入ってくるリズミカルな曲です。思わずテンポよく踊りたくなるようなBGMにゲストも明るく盛り上がることでしょう。)

 

 

6.プロフィ-ルビデオ

POINT

ここはお二人らしさが出るところです。よくお二人で聞いた思い出ソングを使ってもいいですし、懐メロで当時を思い出すのもいいですね。曲調によってプロフィ-ルビデオの雰囲気がだいぶ変わります。使用する写真や映像によってはおもしろいものに仕上がるでしょう。

 

 

秦 基博 “ひまわりの約束”

(ドラエモンの主題歌になったこの曲は男性目線で愛する人への気持ちをアコ-スティックギタ―にのせてやさしい音色で奏でています。新郎の生い立ち映像としてしっとり流してみるのはいかがでしょうか。)

コブクロ “Million Films

(タイトルの通りお二人の足取りを上映するのに最適な曲です。誰もが聞いたことのあるBGMで記憶に残ること間違いなし。歌詞もウエディングソングにぴったりです。)

Mr.Children “GIFT”

(しっとりしたバラ-ドで歌詞がとても印象的です。時が経ってもこの曲が使われ続けています。お二人の歩いてきた道をぜひこの曲にのせてはいかがでしょうか。)

小田和正 “小さな風景”

(思い出を一つ一つ振り返るのにぴったりの優しいメロディ-の曲です。感動的な映像に仕上がることでしょう。)

絢香 “にじいろ”

(朝ドラに使われたこの曲は会場を明るく楽しい雰囲気にしてくれるでしょう。ほほえましいお二人の写真にこの曲でゲストをほっこりさせてはいかがでしょう。)

 

7.終わりに

ウェディングソング

今回はここまで。次回はパ-ティ-の後半、お色直し入場から。

いかがでしたでしょうか?聞いたことのある曲や参考になりそうな曲はありましたか?

結婚式のBGM選びはその演出を盛り上げる大切はものです。お二人らしいBGM選びの役に立てるとうれしいです。

いいね:

このページの一番上に戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。