048-648-9039
menu
2019/05/23

ドレスをもっとキレイに見せてくれる「ブライダルインナー」にこだわろう!

ブライダルインナー

花嫁さんは結婚式当日、ドレスの下に「ブライダルインナー」と呼ばれる特別な下着を着用します。体型を整え、ドレス姿をより美しく見せられるのが、インナーを着けるメリットです。また、ガードルやフレアパンツを着ていれば、スタッフに着替えを手伝ってもらうときも抵抗がありません。こちらでは、花嫁さんにぴったりのブライダルインナーをご紹介します!

ブライダルインナーとは?

ブライダルインナーとは、ウエディングドレスをよりキレイに身に着けるために着用する下着のことです。ウエストを絞り、足を長く見せてくれる効果があります。ドレスの外側から透けないように、シンプルな色とデザインで作られています。

結婚式のためのドレスや小物は、基本的にレンタルが可能です。しかし、インナーは直接肌に着けるものであるため、レンタルできるショップは多くありません。購入すると3~4万円がかかります。やや高額となりますが、インナーを着用することでドレス姿の印象が大きく変わるため、ぜひ用意しておきましょう!

ブライダルインナーは、結婚式の当日だけでなく、数日前から身につけておくのがおすすめです。何度か着用することで体が慣れ、当日の疲れを軽減できます。また、ブライダルインナーには強い補正効果があるため、挙式後も体型を整えたいシーンで活躍してくれます。

ブライダルインナーはいつ選べば良い?

ブライダルインナーは、ドレスが決まったあとで選びましょう。その理由は、ドレスの形によって似合うインナーが異なるためです。始めから着たいドレスのラインが決まっている場合は先にブライダインナーを買っても構いません。しかし、ドレスのデザインによっては中からインナーがはみ出てしまうこともあるため、お気をつけください。

インナーは、ドレスショップで衣装を選ぶときに紹介してもらえます。ドレスに合ったインナーが分からない方は、紹介されたものの中から選んでみてはいかがでしょうか?

ブライダルインナーの種類

ビスチェとは、肩紐やストラップのない、丈の短い下着のことです。バストとウエストの補正を1枚で行えます。ワイヤーでバストラインを整え、シルエットを美しくしてくれるインナーです。ビスチェは凹凸が少ないため、着用していてもドレスに響きません。また、セパレートタイプのインナーでは着用しにくい、背中の開きが大きいドレスにも対応できます。マーメイドラインのようなボディラインの出やすいドレスを着る際におすすめです。

ブラジャーとウエストニッパーを合わせて付けるタイプのインナーです。それぞれ体型に合ったものを選べるため、より体にフィットさせやすくなります。ウエストニッパーは、産後の体型補正にも使用可能です。プリンセスラインやAラインといった、重量感のある衣装を着る場合に適しています。ブラジャーには、背中が大きく開いたバックレスタイプもあります。

お腹やヒップをシェイプアップし、下半身のラインを美しく見せてくれるインナーが、ロングガードルです。お腹や太ももの厚みが気になる場合に使えます。姿勢補正としても効果的です。マーメイドラインやスレンダーラインといった、ヒップラインの出やすいドレスを着る際は、特に活躍します。ただし、リゾートウエディングやガーデンウエディングの場合は、ガードルを履いていると暑さが気になるかもしれません。

着替えやお色直しの際にはスタッフに手伝ってもらいます。そのとき、下着だけよりもフレアパンツを履いていたほうが抵抗なく着替えられます。エチケットとして着用しておきましょう。また、フレアパンツには、太ももの汗を吸収したり、ドレスの滑りを良くして着替えをスムーズにしたりといったメリットもあります。

ブライダルインナーを選ぶポイント

ブライダルインナーは、まず花嫁さんの体型に合った形状を選ぶのがポイントになります。たとえば、標準体型の方には定番の「ビスチェ」がおすすめです。その一方で、胸にボリュームのある方は、上下が分かれた「ブラジャーとウエストニッパー」を選んだほうが、より体型に合わせて着用しやすくなるでしょう。

試着したときにインナーからお肉がはみ出る場合は、サイズを合わせましょう。1サイズ大きいものに変えてもらったほうが、結婚式当日に無理なく着用できます。長時間着ていても疲れないものをお選びください。

さらに重要なのは、ドレスの背中部分の開き具合に合わせることです。背中からインナーがはみ出ないかどうかを注意しておきましょう。背中が大きく開いたドレスの場合、「バックレスブラジャー」がおすすめです。

ドレスの生地と厚さも考慮してみてください。ウエディングドレスには、さまざまな素材や生地が使われるため、相性によってはインナーのラインが響いてしまいます。生地が薄いドレスを着るなら、ラインの少ない「ビスチェ」がおすすめです。

自分の体型やドレスに合ったインナーを身につけて、ドレス姿をより美しく見せましょう。

ブライダルインナー

ブライダルインナーを着用することで、ウエディングドレスをさらにキレイに見せられます。インナーには、「ビスチェ」「ブラジャー&ウエストニッパー」「ロングガードル」「フレアパンツ」といった種類があり、それぞれに異なるメリットがあります。体型やドレスのデザインを考慮して、最適なインナーをお選びください。

いいね:

このページの一番上に戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。