048-648-9039
menu
2019/05/25

実は簡単でリーズナブル!海外挙式のメリット5つ!

海外挙式

挙式を控えている新郎新婦のおふたりは、どんな結婚式にするか、どこで開催して誰を招待するか、費用はどれくらいかかるかと準備に大忙し。それでも、一生の思い出に残る式になるように、こだわりたい部分にはとことんこだわりたいですよね。

実は、一見すると手間がかかりそうに見える海外での挙式は、意外と簡単でリーズナブルなのです! 今回は、そんな海外挙式のメリットについてご説明します。

【その1】打ち合わせや準備の手間がかからない

一般的に、結婚式の準備で手間がかかるのは披露宴のほうです。国内で行う披露宴では、さまざまな演出や出席者への料理、引き出物など決めなくてはいけないことが多くなります。ところが、海外挙式の場合は披露宴に気軽な食事会やパーティーを行う場合が多いため、国内の披露宴に比べると準備の手間が少なくなります。

海外挙式の多くは、旅行会社および結婚式のプロデュースを専門とする会社などの手配会社を利用して行い、挙式の半年前くらいから準備を開始します。手配会社が国内の会社であれば、国内で直接打ち合わせができます。海外の手配会社ならばメールやファックスを介してやりとりが可能であり、わざわざ現地へ行く必要はありません。海外挙式の準備がネックで思いとどまっている方は、意外と手間がかからない点を理解しておきましょう!

【その2】国内ウエディングよりも費用がリーズナブル

海外挙式は国内挙式と比べると多くの旅費がかかってしまいますが、挙式にかかる費用全体で比べると、国内挙式より低予算で済むことが多いようです。一般的な海外挙式の披露宴は、それほど盛大なものではなく、親族と親しい数人によりささやかに行われます。国内挙式の披露宴といえば、映像系の演出や料理系の演出、ウェルカムボードなどのグッズ、引き出物をはじめとしたギフトなど、さまざまなおもてなしが行われます。そのため、費用が高くつきやすい傾向にあるのです。それに対して、旅費はかかるものの良好なロケーションの中で行われる海外挙式は、意外なことに予算が低くリーズナブルになりやすい傾向にあります。

【その3】そのまま新婚旅行に行ける

海外挙式を行った新郎新婦の多くは、挙式後そのまま現地で新婚旅行も楽しむケースがほとんどです。普段は仕事が忙しくて気軽に海外旅行に行けなかった方も、挙式と新婚旅行を合わせることで長期休暇が取れるため、一石二鳥といえます。なお、海外挙式で人気のエリアは、ハワイ・グアム・サイパン・バリといった、海外旅行先として日本人に多く親しまれているエリアが多数です。海外挙式と併せて新婚旅行も楽しんでみてはいかがでしょうか?

【その4】非日常なひとときを楽しめる

海外挙式の最大の魅力といえば、国内挙式とはまったく違った、異国情緒あふれるロケーションでしょう。十分に非日常を味わえます。たとえば、ハワイでの挙式なら、国内では珍しい青い海とあたたかい気候の開放的なロケーションを満喫できます。ヨーロッパでの挙式では、ステンドグラスが美しい歴史ある教会など、伝統的なロケーションで挙式が可能です。

そんな非日常感から、海外挙式の写真は非常に魅力的です。現地そのものが撮影スポットと言っても過言ではないため、新郎新婦の何気ない瞬間を撮った写真でさえも、まるで映画のワンシーンのような雰囲気になります。帰国後に挙式に招待できなかった方たちへお披露目パーティーをする場合、写真やムービーを公開すると盛り上がるはずです。

【その5】アットホームなウエディングができる

海外挙式には、それほど多くの方を招待できません。そのため、親族と新郎新婦のみで挙式するケースもあるようです。近年では、特に親しい友人を招待し、10~20名ほどで海外挙式を行う方も増えてきています。少人数の挙式は、アットホームな雰囲気の中、親しい方たちだけで気兼ねなく会話ができ、充実した時間を過ごせます。また、現地スタッフやたまたま近くにいたツーリストが盛大な祝福をしてくれることもあるようです。そんなあたたかみのある一期一会の挙式は、国内挙式ではなかなか味わえない貴重な体験といえるでしょう。

海外挙式におすすめのエリア

海外挙式

ロケーションが美しい海外挙式は、一見すると国内よりも費用が高く準備に手間がかかりそうな印象がありますが、実際は国内挙式よりもリーズナブルであり、準備の手間を却って省ける場合もあります。国内ではなかなか体験できない、珍しいロケーションでの挙式は、一生の思い出として色濃く記憶に残るはず。

近年、海外挙式をする新郎新婦が増えていることから、各種手配会社から手軽に挙式できるプランが用意されています。これから挙式の準備をはじめようとしているおふたりは、ぜひ海外挙式も検討してみてはいかがでしょうか?

いいね:

このページの一番上に戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。