048-648-9039
menu
2019/06/09

結婚式は旦那さんも主役。男性が身につける定番の新郎衣装5選!

新郎 衣装

結婚式の新郎さんの衣装は、新婦さんのウエディングドレスや白無垢と合わせて、相性がぴったりなものを選びましょう! 結婚式で男性側が身につける衣装には、タキシード・フロックコート・モーニングコートといったものがあります。和装の場合は紋付羽織袴が一般的です。こちらでは、おすすめの新郎衣装についてご紹介します。

【その1】タキシード

タキシードは、結婚式でもっとも多く着用されている定番の衣装です。多くの新郎さんが、洋風ウエディングの衣装にタキシードを選んでいます。王道のデザインであるため、クラシックなスタイルのウエディングドレスによく似合います。

もともとタキシードは、夜間用の白と黒でまとめられたフォーマルウェアのことでした。しかし、結婚式では、時間帯を問わずさまざまな色味やデザインのタキシードが着られています。

タキシードで特徴的なのは衿です。衿のデザインには、先が尖った「ピークドラペル」と、丸みを帯びた「ショールカラー」があります。ピークドラペルはシックな印象になり、ショールカラーはリラックスした雰囲気が出せます。会場に雰囲気に合ったタイプを選びましょう。

また、襟部分には一般的にシルクが使われます。昔西洋で証明が薄暗かった頃に、光を反射させて顔を明るく見せるためにシルクが使われ始めたとされています。タキシードを選ぶ際は、襟部分にも注目してみてください。

タキシードは、フォーマルな式にもカジュアルな式にも合う、スタンダードな衣装です。どの衣装にすれば良いのか迷ってしまったときは、タキシードをおすすめします。

【その2】フロックコート

フロックコートは、昼の時間帯における正礼装です。ジャケット丈は膝まであり、前も後ろもストレートラインになっています。新婦さんがボリュームのあるドレスを着る場合におすすめです。また、着丈が長いため、背の高い新郎さんによく似合います。

フロックコートは19~20世紀にかけて結婚式でよく着用されていた衣装ですが、モーニングコートが登場したことで、着る方が減りました。しかし、伝統的でエレガントな衣装を好む方から根強い人気を誇っています。

【その3】モーニングコート

モーニングコートは、昼から夜の時間帯に着用される衣装です。タキシードの1種で、もっとも格式高い正装とされています。18世紀に、英国貴族が乗馬をした後そのまま宮廷に入れるように考慮して作られました。

正式なモーニングコートでは、上着が黒でシャツはアイボリーやグレー、スラックスはグレーの縦縞を着用します。後ろの丈が長いモーニングコートは、着用すると足が長く見え、どんな体型の方もスタイリッシュに見せてくれます。

新郎新婦の父親が着る印象が強い衣装ですが、新郎さんの衣装としてもおすすめです。

【その4】テールコート

テールコートは、ジャケットの前部分が短く、後ろが燕の尾のように長い衣装です。燕尾服とも呼ばれています。夜間の準礼装に当たりますが、フォーマル感が強いため、尊厳な結婚式に似合います。新婦がエレガントなドレスを着る際におすすめです。

テールコートを着る際は、ウイングカラーシャツに白の蝶ネクタイを合わせ、白いベストとサスペンダーを身につけます。タキシードと似ていますが、蝶ネクタイやベストを白で統一しているのが特徴です。

【その5】紋付羽織袴

紋付羽織袴は、和婚で着用される正礼装です。正式名称では「黒五つ紋付き羽織袴」と呼ばれています。新婦さんの衣装には白無垢・色打掛・引振袖の3種がありますが、新郎さんの正礼装として選べるのは紋付羽織袴のみです。

紋付羽織袴は、江戸時代に武家の略礼装として着用されていましたが、次第に庶民の再礼装として定着し、結婚式に着用されるようになりました。凛々しく堂々とした印象が魅力的です。

紋付羽織袴を着る際は、袴の長さに気をつけましょう。長過ぎるとだらしなく見え、短すぎると上品な印象が薄れてしまいます。また、袴は姿勢の良さで見た目が大きく変わります。結婚式中にはお腹に力を入れ、背筋を伸ばして歩きましょう。

レンタルorオーダーメイド?それぞれのメリットについて

新郎さんの衣装を用意するとき、レンタルする方法とオーダーメイドする方法があります。レンタルのメリットは、既存の衣装から選べるため手間がかからないことや、会場と提携しているショップであれば当日に荷物が少なくなることです。また、試着の際に実物を着られるため、実際に合わせてみたときにイメージと異なるなどの心配がありません。

一方、オーダーメイドであれば、新郎さんの体にぴったりのサイズで、かつ理想のデザインの衣装を身につけられます。素材も一から選べるため、好みに合った衣装を入手可能です。オーダーメイドの場合は完成までに1カ月以上の時間がかかり、打ち合わせの手間もかかります。しかし、よりご自身に合った衣装を着たい方には、オーダーメイドがおすすめです。

新郎 衣装

新郎さんの婚礼衣装には、タキシード・フロックコート・モーニングコート・テールコート・紋付羽織袴といったものがあります。もっとも人気が高いのは、どんな結婚式にも合うタキシードです。どの衣装にもそれぞれ異なる魅力があるため、ぜひ新婦さんとのコーディネートでよく似合う衣装をお選びください!

いいね:

このページの一番上に戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。